四万温泉湯立祭の巫女画像

平成29年1月20日(金)大寒の日 午後2時〜 於:御夢想の湯

■湯立祭では『湯立神事』と『湯立祭り』が行われます。

湯立神事の部は、

四万温泉発祥の湯とされる「御夢想の湯」の前で、大釜に御夢想の湯の源泉から汲み上げた温泉を焚きます。その大釜の湯を『湯笹』によって周囲に振りかけ、神仏の心をいさめ、諸災を除き、無病息災を願う儀式です。

湯立祭りの部では、

厳かな神事とはうってかわって、四万温泉の源泉で蒸かしたもち米をついたその場で振る舞う「湯餅つき」や中之条太鼓の演奏、お湯を連携して運んでいく競い事の「湯継ぎ」や宿泊券の当たり券のついた福温泉まんじゅう投げなどの楽しい行事が行われます。

湯立祭の様子

  
 
 
 

湯立祭の予定

日時・場所

   日時:平成29年1月20日(金)大寒の日 14時~ 

    場所:四万温泉 御夢想の湯前(地図はこちら)

     ※四万温泉にお泊まりのお客様は、各お宿より送迎致します

    ▼△▼宿泊券や景品が多数当たる"福まんじゅうなげ"▼△▼

行事予定

  • 14:00~  湯立神事の儀 ~湯の恵みに感謝しご祈祷を行います
  • 14:30頃~ 温湯(おんとう)の儀 ~大釜に湯を焚き、湯笹で湯を振りまきます
  • 14:40頃~ お餅つき ~四万温泉の若衆が目の前でついたおもちを配ります
  • 14:50頃~ 中之条太鼓の演奏
  • 15:00頃~ 湯継ぎ ~湯の恵みを継承する競い事
  • 15:20頃~ 福まんじゅう投げ ~豪華当たり付きの温泉まんじゅう投げ
  • ・四万温泉宿泊券多数が当たる!!他にも豪華賞品があります。 ※昨年の湯立神事でお配りしました湯守のお札と湯笹は、当日ご持参いただければ当方で責任を持ちましてお焚き上させて戴きます

1500本限定 純米生酒『四万の一雫』解禁

    清流四万川のお水で育てた酒米で仕込んだ地酒が解禁

    数量限定しかも四万温泉内の旅館・飲食店のみで提供します。

    

四万温泉ひとくちmemo

四万温泉の湯立神事は、平成18年大寒の日より、御夢想の湯の移築を記念して左の絵馬をもとに再現されました。 この絵馬は、「国指定重要文化財の日向見薬師堂」へ正徳2年(1712年)に奉納された物で、大きさは100cm×80cm程です。 薬師堂の前に祢宣(神官)6人が太鼓などを鳴らし、祢宣1人が湯立(ゆだて)をしている特異な絵馬であるとされています。 現在は、中之条町歴史と民俗の博物館「ミュゼ」にて観覧出来ます。